お客様写真

機能性ディスペプシア

こんなお悩みはありませんか?

  • 少し食べるだけでお腹がいっぱいになる
  • みぞおち辺りの痛みや灼熱感
  • 食後の胃もたれ
  • お酒や炭酸を飲んだあとに症状がてる
  • げっぷがよく出る
  • 吐き気がする
  • 長時間座っているとムカムカや胸やけがする


もし1つでも当てはまったら・・・
ぜひ1度当院の施術を試してください

機能性ディスペプシの原因として?

機能性ディスペプシアとは、検査で異常がないにもかかわらず、みぞおち辺りの痛みや胃の不快感など、お腹の上の方に症状が出る病気。

逆流性食道炎とよく似た症状が出現します。

機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の違いは検査して異常がないか、異常があるか、です。

 

慢性的なお腹の上の方の症状は、胃や十二指腸の炎症、潰瘍、癌などの病変(器質的異常)によって引き起こされることが多いですが、病変(器質的異常)が認められない場合もあります。この場合には、胃や十二指腸の機能的な問題によって症状が引き起こされています。

その1つに機能性ディスペプシアはあります。

 

機能性ディスペプシアの罹患率は約7人に1人と頻度の高い身近な病気です。

 

機能性ディスペプシアの原因はまだはっきりと分かっていません。

胃・十二指腸の運動異常、胃酸分泌、ストレス、アルコールなどが原因の1つと考えられています。また、いくつかの要因が重なってなるとも言われています。

 

機能性ディスペプシアの診断としては、症状の原因となり得る病気がない場合に診断されます。

 

病院で機能ディスペシアと診断され、薬を飲んでもなかなか改善しない場合は、できるだけ早く施術をすることをオススメします。

当院の施術で機能性ディスペプシアが改善する理由

①姿勢の改善をします。

これは、身体(内臓を含む)血流量の改善です。

姿勢を改善することで、機能性ディスペシアの症状が改善する方が沢山います。

 

もう1つは、

 

②食事です。身体に負担のかからない、食事の取り方と、食べ物の種類です。これを変えることで、施術効果がUPします。

 

外からの刺激で、①施術をする

内からは、②食事の取り方と、食べ物を変える

 

外からと内からで、機能性ディスペシアの症状を改善される方は沢山いらっしゃいます。

 

機能性ディスペシアと言っても、

患者様により症状は違うので、

患者様1人1人に合わせた、施術と、食事療法の提案をさせていただきます。

 

機能性ディスペシアでお悩みの方、是非当院にお気軽にご相談ください

施術を受けたお客様から、
続々と喜びの声が届いています

施術の流れ

写真は左右にスライドできます

①問診

あなたのお悩みを伺います。些細なこともお聞かせください。

②検査

独自の検査方法で身体のバランスや軟部組織(筋肉・関節・靭帯・神経など)のチェックをしていきます

③施術

身体のバランスを整え、軟部組織(筋肉・関節・靭帯・神経など)の滑走性をよくしていきます。

④今後の施術計画とアドバイス

お身体の状態に合った施術計画と再発防止等のお話をさせていただきます。

⑤お会計

お会計と次回のご予約(ご希望の方のみ)

\スグつながる!お電話での予約はこちら/

  06-6875-0306

 

受付時間
 8:30〜12:00
16:00〜19:30

17:00〜20:30 8:00〜13:00 定休日/日曜・祝日

院長写真

はじめまして。タナカ整骨院の田中です。

お陰様で吹田市山田東で開院させていただき、14年目となります。地域の方やさまざまな方にご支援いただき、感謝致します。

あなたの症状を改善に導くために、徹底したカウンセリングと検査で原因を探し、根本治療とともに再度、症状がでにくいカラダづくりで、カラダとココロが健康になるサポートをいたします。

何年も治らない辛い症状で悩んでいる方を1人でも多く改善したいという思いで施術させていただいてます

はじめての治療院は、どんな事をするのか不安があり、勇気もいると思いますが、安心してご来院ください。

こんな症状よくなるのかな。と不安な方は、先ずはお電話でお気軽にお問合せください

① 2件以上、整骨院や整体院、整形外科に行って改善されなかった方が改善している

当院で改善している理由として、

何が原因で今の症状が出ているのか、独自の検査方法により、原因を探すからです。

また、機能的アプローチ(症状の原因に対して)をするから改善されます

レントゲンやMRICTなど、さまざまな検査をしたが、異常はなく、でも症状が改善しない、このようなお悩みの方は沢山いらっしゃいます。器質的異常(骨に異常があるなど)がないと、上記のような検査に異常はありません。

②軟部組織の滑走性を良くし、1回で変化を感じてもらえる

軟部組織(筋肉、関節、神経伝達、皮膚など)の滑走性が悪くなり、症状として出ていることが多いため、滑走性をよくすることで1回で変化を感じていただけるわけです。

薬やシップ、マッサージで改善しないのは滑走性が原因です。

例えば、腰痛でも慢性の方が急性より滑走性が悪くなっています。

③ 以下の疾患の改善がある

ドケルバン病・TFCC損傷・手根管症候群・手関節炎・腱鞘炎・突き指・バネ指・へバーデン結節・ブシャール結節・指の捻挫・拇指の関症・テニス肘・野球肘・顎関節症・ムチウチ・SLAP損傷・野球肩・胸郭出口症候群・肩こり・肩関節周囲炎・インピンジメント症候群・肋間神経痛・頸椎ヘルニア・頚椎症・肩関節石灰化炎・寝違い・ギックリ背中・慢性腰痛・椎間板ヘルニア・すべり症・急性腰痛(ギックリ腰)・筋筋膜性腰痛・坐骨神経痛・梨状筋症候群・外側大腿皮神経痛・脊柱管狭窄症・分離症・脊椎圧迫骨折・股関節炎・腸脛靭帯炎・恥骨痛・大転子滑液包炎・グロインペイン症候群・尾骨痛・コンパートメント症候群・変形性膝関節症・鵞足炎・ランナー膝・二分膝蓋骨・ジャンパーズニー・オスグット病・モートン病・足底筋膜炎(足底腱膜炎)・アキレス腱炎・三角骨障害・足関節捻挫・外反母趾・シーバー病・腓骨下端部骨折足趾捻挫・有痛性外脛骨炎・腓骨神経麻痺・脛骨神経麻痺・パフォーマンス向上・頭痛・後頭神経痛・起立性調節障害・リウマチ・アトピー性皮膚炎・顔面神経麻痺・後鼻漏・突発性難聴・めまい・メニエール・逆流性食道炎・機能性ディスペプシア・胃炎・子供のむずむず脚・骨粗鬆症・パニック障害・花粉症・生理痛・PMS・ガンにする痛み諸症状・てんかん・高血圧・更年期障害腎機能障害・耐え難い疲労感・古傷の痛み・こむら返り・むくみ

上記の疾患の方、是非当院にご相談ください。

④主婦(ママ)・OLさんにも通いやすい

女性向け施術メニューも充実しておりますので、女性特有の症状も悩まずお気軽にご相談ください。

女性向け施術メニューとして、骨盤矯正・姿勢矯正・産後の骨盤矯正・マタニティ整体。

⑤小さなお子様連れでもOK

当院では、お子様連れの主婦の方でも通いやすいよう個室も完備しております。

スタッフがお子様を見させていただきますので、午前11〜12時のご予約でお願いしております。

予約の際にお子様連れであることをお伝えください。

\スグつながる!お電話での予約はこちら/

  06-6875-0306

 

受付時間
 8:30〜12:00
16:00〜19:30

17:00〜20:30 8:00〜13:00 定休日/日曜・祝日

タナカ整骨院・整体院