脊柱管狭窄症

ホーム > お悩み症状 > 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の本当の原因は、筋肉の硬化、酸欠状態、低栄養状態です。

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは、脊柱管(背骨の中の空洞)が狭くなり、神経が強く圧迫され、足腰の痛みやしびれとなって現れます。50代から増えはじめ、高齢になるほど多くなります。脊柱管の内部は、加齢とともに狭くなるので、年を取るほど症状が現れやすくなります。最近は70歳以上の2人に1人が脊柱管狭窄症になる可能性があり、50歳以上の腰痛の最大原因と考えられています。

施術内容

タナカ整骨院では一人一人のお体のバランスやお仕事を考慮して施術していきます。施術のみでなく、日常生活におけるちょっとした工夫や一日5分程度の簡単なカラダの動かし方などアドバイスさせて頂きます。痛みや痺れのない生活ができるよう、全力でサポートします。お気軽にご相談ください。

このような悩みは
ありませんか?

  • 歩くと膝が痛い
  • 立ち上がる時に膝が痛い
  • 朝起きた時に膝が痛い
  • じっとしていても膝がチクチク痛むときがある
  • 膝が痛くて動くのが嫌になる
  • 膝に力が入りずらい感じがする

タナカ整骨院 案内

タナカ整骨院

ご予約・お問合わせ

Tel.06-6875-0306

メールでのお問合せはこちら

〒565-0821 吹田市山田東2-24-2
定休日/日曜・祝日
※火・木曜日の13:30~16:30は
特別治療行っています(完全予約)

診療時間

曜 日 午 前 午 後
8:30~
12:00
16:00~
19:30
8:30~
12:00
17:00~
20:30
8:30~
12:00
16:00~
19:30
8:30~
12:00
8:30~
12:00
16:00~
19:30
8:30~
13:00
トップへ戻る